ママニック葉酸サプリ

このホームページは、レバンテさんが発売している葉酸サプリメント「ママニック葉酸サプリ」について、購入してから飲み続けている私がどんなサプリメントなのかを深~くご紹介いたします!

ママニックを知ったきっかけ

先輩のママとお茶している時に「葉酸は妊娠前から飲まないと意味は無い!、けれど食事からはとりにくいよ」 と聞いてから葉酸サプリを漁りまくってたどりついたのが、「赤ちゃんが欲しい!」で見つけた「ママニック葉酸サプリ」。

ママニック葉酸サプリが紹介されていた本「赤ちゃんが欲しい!」

ベルタ葉酸サプリさん、美的ヌーボさん、はぐぐみ葉酸さん、オーガニックレーベルさんの4つが候補に上がっていたのですが、最終的にママニック葉酸サプリにすることに決めました。

これまでずっと飲み続けているので、プレママさん~ママさん達に役立てて貰えたら! と実際の感想や配合成分の中身や安全性、他の葉酸サプリと比べてなにがよいのか、さらに他のママさんのクチコミ情報や発売元のレバンテさんに、根掘り葉掘り聞いた情報をたっぷりご紹介したいと思います。

さらに、ママニックは、2017年の9月から新しいパッケージや成分内容にリニューアルしています。前のボトルからの比較や、私なりの考えでオススメできる人、オススメできない人のボーダーラインも書いていますのでママニックに興味がある人はぜひ覗いてみてください。

ママニックを買ってみると決めた理由は?

まずは、ママニックは葉酸サプリとしてなにが特徴なのか、紹介してみますね。

厚生労働省が推奨しているモノグルタミン酸型の葉酸を使っている

葉酸には、モノグルタミン酸型とポリグルタミン酸型の2種類があるそうです。食べ物に入っている葉酸やいわゆる天然と書いてある葉酸の方はポリグルタミン酸型。

でもこれだと、体に吸収されるのは半分だけ。反対にモノグルタミン酸型の葉酸は90%以上体内に吸収でき、効率がいいとのこと。

ママニックはこのモノグルタミン酸型が入っていて、1日4粒で推奨量の400mgをしっかり摂れるそうです。 ネットで調べてみたら、厚生労働省のページにポリグルタミン酸型の吸収率の悪さについて書いてありました。

食品中の葉酸(dietary folate)の大部分はポリグルタミン酸型として存在し、モノグルタミン酸として消化吸収されるまでの代謝過程で様々な影響を受けるため、生体利用率は50%以下と推定されています。
葉酸とサプリメント ‐神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果

40種類の栄養素がバランス良く含まれ、おねだんも安め

ママニックの成分配合グラフ

ママニックは葉酸以外にもたくさんのビタミン、ミネラルの他、妊婦さんが必要とする鉄分、カルシウムなど、さらに美容成分や国産野菜8種類など、もりだくさんに入っています。その数なんと合計40種類!

同じようにたくさん栄養が入っているサプリメントはありますが、(ベルタさんとか…)ママニックがもうひとつこだわっているのが、「必要なものを必要なだけ」ということ。品質のバランスと、実際に吸収できるかということを考えて最適な成分数と配合量に調整しているそうです。

また、値段が少し安めなことも魅力的です(^^。ベルタさんに比べて500円ほどですが、毎月続けるものですから、チリも積もれば…というやつですね。

15日間の返金保証付きでどんな理由でも返品可能

これはママニックしかないサービスだなぁと思ったのが、15日間の返金保証サービス。15日間の間にお気に召さなかったらどんな理由でも返金してくれるのだそうです。

「サプリメントだからどれも味は同じでは?」と思ってるかもですが、妊娠してつわりなどがひどかった場合、普段はなんともないサプリメントの粒でも敏感になって飲めなくなる…と先輩ママから聞いていたので、味や量が試せるのはすごく大切なことだと思いました。

新しくなったママニックの粒、味、 匂いを徹底チェック!

ママニックリニューアル商品お届けのお知らせ

ママニックは2017年9月に商品が届いた分からパッケージからそれまでのプラスチックボトルから、エレビットのようなアルミパウチの袋タイプにリニューアルされて届くようになりました。最初のタイプから含めてなにが変わったのかを含めてご紹介しますね。

ママニック葉酸サプリが入っていたダンボール

いつもはLEVANTEと書かれた大きなダンボールで届いていたのですが、 新しくなったママニックからは、少し小さくなった梱包物で届くようになりました。最初見たときには「あれ、送ってくるものを間違えたのかな…」と思いましたが…(^^:

ママニックの解説パンフレットと注意書き

中に入っていたママニック葉酸サプリとパンフレット類です。パンフレットも新しくなって入れ直してくれました。

ママニックの旧ボトルと新パッケージ

プラスチックボトルからアルミパウチになってなにが変わったかというと、使用中の酸化が防げるようになったことでしょうか?ボトルだと、なくなっていくほど空気に触れて酸化してしまうので、この配慮はありがたいです。中にはケアドライという乾燥剤も入っていました。

チャックもついているので開け閉めもカンタンにおこなうことができます。裏側には、栄養成分表と賞味期限の表示。以前と変わらず2年間は飲めるようです。

ママニックの一粒の直径と高さの比較

粒の形は、以前と正直ほとんど変わっていません。

乳白色の粒で、手に取るとちょっと大きめに見えますが、定規で測ってみると直径で9mm、高さは3mm。日本で出ている粒型の薬の大きさはだいたい7~9mmの間ということですから、標準的といえば標準的な大きさです。ちなみに同じ9mmの直径を持った薬と同じのものといえば

  • イブA
  • 新コッコアポA錠

錠剤のお薬ともあまり変わりのない大きさですね。これなら喉にもつっかえず安心して飲めますね。下の動画でママニックのボトルや粒についてさらに解説しています。

ニオイはわずかに鉄っぽい香りがするが、前よりちょっぴり少なくなってる!

ママニックのパッケージの開封時

粒タイプのサプリって、匂いとは無縁のように思いますが、実際には袋を開けたら嫌な匂いがモワンと広がることって意外とありますよね。

もしママニックも同じだったらつわりの時とか気持ち悪くなるかなぁと不安になっていました。

ママニックはその点安心してよいレベルだと思います。少し鉄分のような匂いはしますが、よほど鼻を近づけないとわからない程度。

さらに以前だとボトルを開けた時に匂いが広がっていましたが、新しいまマニックでは、それがさらにおさえられているような感じがしました。

もちろん、個人差として、しないとはいえませんが、よほどお鼻が敏感でない限り、この匂いは気にならないと思います。リニューアルされて変わったポイントの一つですね!

口に含んでかみ続けても甘い味に改善!。4粒一気飲みは可能だけど…

新しくなったママニックでイチバン変わったな!と思うのが、口に入れたときの味です。

以前のママニックも口に入れた最初こそ無味無臭なものの、10秒位口に含ませておくと、鉄っぽい味が徐々に出てきていました。試しに噛み砕くと、なんとも言えない味がして気持ち悪くなる感じに…。

ただ、新しいママニックは、口に含むとほんのり甘い味。粒のコーティングがさらにしっかりされた感じでしょうか?すぐに飲み込む分には全く問題なし。

驚きなのは、その後口の中で転がしていても嫌な味がほとんど広がらず、正直口の中で溶かしても全く問題ないレベル。ほんのり甘さがあって鉄の味がかなり中和されていると感じます。

普通に飲む分には、ニオイ、味ともに嫌悪感なしで飲むことができると思います。

光沢剤が不使用&鉄の種類が変わって無添加に近づいた!?

なぜこんなに味やニオイがこんなにも変わったのだろうと思って、添加物の内容を比べてみると、まず、粒の表面にツヤをだす光沢剤が無配合になっていました。もともとママニックは、無香料・無着色などの無添加サプリがウリだったのですが、さらに無添加に近づいたといえそうですね!

また、鉄の種類がこれまでのクエン酸鉄ナトリウムからピロリン酸第二鉄というものに変わっていました。ピロリン酸第二鉄は鉄サビのようなニオイが抑えられた成分とのことなので、ニオイの少なさはこの成分の変更によるものかもしれませんね。

大きさは9mmと標準的だけど、喉が小さい人は分けて飲むことがオススメ

ママニックの4つの粒と1円玉との比較

大きさは9mmなので一度に4粒飲むのは、ちょっと無理があるかなと思いました。4つ全て合わせても1円玉とほぼ同じサイズですが、いかに普通サイズの粒とはいえ、一度に飲むと喉につかえることもあるかもしれません。

なので私は少し手間がかかりますが2粒ずつ飲み干すようにしています。飲む時間やタイミングについてはさらに深く調べていますので、最適なタイミングを知りたい人は下のページを見てください。

>ママニックは、1日の中でいつどのタイミングで飲めばよい?

ママニックの配合成分は妊婦さんたちのお悩みアンケートから生まれた

ママニックの配合成分一覧

次に、一番気になる配合成分についてです。
そもそも、ママニックは、よくある管理栄養士さんや薬のプロだけで作った!というものではなく、妊婦さんたちにアンケートを行い、実際に悩んでいることをピックアップし、不足しがちな栄養成分を中心に配合を行っているのだそうです。

一見妊婦さんには関係なさそうなヒアルロン酸、乳酸菌といった美容成分も、妊娠中は乾燥肌になりやすい、便秘になりやすいという、栄養成分だけで解決できないお悩みに答えて配合しているのだとか。

どれも葉酸サプリは同じように見えるけど、よりユーザーからの目線を大事にして作っているのが、他の会社さんとコンセプトが違うのではないでしょうか?

そして、新しくなったママニックは、ニオイや味の改善とともに、成分の追加や配合量の調整がおこなわれていました。

ビタミン・ミネラル類の成分配合量を新しくなったママニックとで比べてみました。(数字はすべて4粒あたりの配合量)

成分名ママニック葉酸サプリの配合量
葉酸400μg
ビタミンB11.1mg
ビタミンB2(新配合)1.4mg
ビタミンB61.1mg
ビタミンB122.1μg
ビタミンC36mg
ナイアシン11mg
パントテン酸6mg(以前は5mg)
ビオチン28μg
カルシウム250mg
マグネシウム40mg(以前は微量)
15mg(以前は10mg)
亜鉛2.3mg
0.6mg

新しくビタミンB2が追加、さらに、鉄とパントテン酸、マグネシウムの配合量が増量されていますね!なぜこのようなリニューアルが行われたのか、実際にレバンテさんに質問していますので、のちほどご紹介します!

粒の量を1日分増やしてくれた配慮がウレシイ!

もうひとつ、細かいところで変わったのが、これまで120粒入だったのが、124粒に増量されたこと。なんとなく区切りの悪い数ですが、120粒で、1日4粒めやすで飲んでいくと30日で終わってしまい、31日ある日は、飲みたくても飲めない日が出てくるんですよね。。

足りないとなんとなくイヤな気分になりますが、多い月に合わせてくれたのはウレシイ配慮だと思います。

個人的に感じることのできたママニックを飲んだ効果は?

ママニックのパッケージと粒

ママニックは、サプリメントなので、お薬のように飲んだら、体がこうなった!という変化はあまりないと考えていました。でも、これだけ栄養分が入っていたら、体になにかよい変化があるとうれしいですよね。

飲み続けるようになってからいくつか変わったことがあったので、そのことについてちょっと書いてみたいと思います。あくまで個人的に感じたことですので、保証はいたしかねます。。

血中の鉄分が増えた

妊活中の私。現在は自己流妊活ではなく、ママニックを飲み始めた位の時期にお医者さんに通い始め、先日ちょうど血液検査をする機会がありました。 数値自体に異常はなく、ちょっとほっとしたのですが、そのときにお医者さんにいわれたひとこと。
「鉄分が多いねぇ~。」
「えっつ!」

なんでもその検査の適正数値の範囲は55~150くらい、私の数値は、110。範囲内には収まっているのですが、そのお医者さんによると、いままで診てきた女性は全体的に鉄分の低い値になっていることが多く、最初から110もある人は珍しいとのことです。

もちろん、この数値は健康的で十分らしいので、とくに気にすることはないですよと言われました。 今までの血液検査で、鉄分が特別多いなんていわれたことはないので、ママニック効果かどうかわかりませんが、必要な物が足りてるということだったので安心しました。

生理のダラダラがなくなった

定期的に毎月やってくる生理。その周期がずれることはないのですが、私の悩みは、1週間くらいにわたってダラダラと続いてしまうこと。不正出血というところまではいきませんが「もう終わったかな?」と思ってたら次の日まだ血が…ということがしょっちゅうです。

しかし!、ちょうどママニックを飲み始めてから生理は2回来たのですが、そのどちらもスパっと1回で終わるようになりました。ダラダラと嫌な思いをすることがなくなってこれは本当にありがたいことです。これはぜひ続いて欲しいですね。

今のところ思い当たる効果はこの2つ。飲んでるサプリはこれだけですし、他に薬も飲んでいないので、ママニック効果であるとうれしいですが、、。

もちろん葉酸を摂ることが第一で、妊娠した後から大事なサプリなので、目先の効果を求めるわけではありませんが、こういうカラダの変化があると、飲み続けるモチベも上がりますよね!

ベルタ葉酸はじめ、他のサプリメントとの大きな違いは配合量に対するオープンな姿勢

実際にママニックを使ってみて、飲む分にはまったく違和感はなく、値段も割安感もあるし、始めてからカラダの変化も感じることができたので、このまま定期購入でしばらく続けようか?と思いました。

お値段は単品で買うよりもぐっと安くなって3500円になるのでお財布的にも3割位はお得になります。

ただし、ここでひとつ見逃してはいけないのが、定期購入は最低6回続ける必要があること。

今のところ効果もありそうだし、飲む分には全く問題はないけれど、オイシイ食べ物ではなく、味のしないサプリメントです。「本当に効くのかなぁ」というモヤモヤ感や疑問があったまま定期購入しても、数ヶ月で続ける意欲がなくなるのでは?と不安になってきたのです。

そこで、続ける理由を見つけるため、まずママニックとよく比較されがちな他の葉酸サプリメントとどのような違いがあるか調べてみました。

まず思い浮かんだのが、ちらっと名前をだした「ベルタ葉酸サプリ」です。ママニックのスペックともよく似ていると言われていますので、比較表にまとめてみました。

成分名ベルタ葉酸
(4粒あたり)
ママニック葉酸サプリ
(4粒あたり)
葉酸400μg
(天然酵母モノグルタミン酸型
400μg
(合成モノグルタミン酸型
ビタミンB64mg1.1mg
カルシウム232mg250mg
16mg15mg
亜鉛14.35mg2.3mg
ナトリウム27.6mg微量
乳酸菌なし配合有り
他の栄養素の配合量上記成分以外はお答えできない13種類公開
ビタミン・ミネラル
成分数
27種類19種類
美容成分+野菜6種類+21種類8種類+6種類
粒の大きさ9mm9mm
添加物なしなし
返金保証3日以内、未開封に限る15日以内なら使用中でも全額返金
単品購入5,980円(送料無料)5,000円(送料650円)
定期購入3,980円(送料無料)3,500円(送料無料)

ママニックとベルタ葉酸の違いを見てみると、
・粒の大きさといった基本的なスペックは変わらない
・総成分数や脂溶性ビタミンはベルタ葉酸が多いが、ママニックは脂溶性ビタミンを配合せず、配合量も公開している
・便秘対策に有効な乳酸菌がママニックには入っている
・価格はママニックのほうが一本あたり300~480円安め
・ベルタ葉酸は、3日間開封して飲んでしまうと一切返品できないが、ママニックは飲んでいる途中でも15日間返金可能

といった特徴が浮かんできます。ベルタ葉酸はたしかに有名な葉酸サプリメントですが、ママニックも、劣っているところもあるものの、それほど大きな違いは見当たらない印象がありました。

成分数はベルタ葉酸が多いですが、価格の割安感や、15日以内の全額返金保証制度といった買いやすさはママニックのほうがメリットが多い気がしますね。

成分の配合量を公開しているサプリは意外と少ない

また、他のサプリを調べてみての大きな違いは、「各成分の配合量をどれだけ公開しているか」ということ。

というのも、ママニック以外に候補にしていた葉酸サプリメントの会社さんに、配合量が出ていない成分量について、直接お電話して聞いてみても、多くは亜鉛以外の配合量は教えて頂けなかったのです。。その一覧をまとめてみると…。

 葉酸の型他の栄養素の成分量
ベルタ葉酸サプリモノグルタミン酸ベースの
天然酵母葉酸
公開している成分以外は公開できない。
亜鉛は14.35mg配合でその他はごく微量配合
美的ヌーボ天然葉酸ホームページにて全成分の
配合量が見ることが出来ます。
オーガニックレーベル天然葉酸亜鉛は15mg配合。その他は企業秘密
はぐくみ葉酸天然葉酸ホームページ公開成分と亜鉛のみ正値を公開可能(0.9mg)
その他はごく微量配合

意外にも、美的ヌーボ以外は亜鉛以外の配合量がいずれも明確ではありません。。

成分数も大事ですが、配合量も意外と大事な指標になると思います。

成分量がわからず、ただ入っているよと言われても、その量が十分でなければ、効くものも効きませんし、逆に多すぎだと、過剰摂取の危険性もないわけではありません。

その点、ママニックは、すべてではないにしろ、ビタミン、ミネラルの量は公開されていて、どれも摂取基準に即した配合量になっていて、補給に値する十分なもの。

しかも添加物も極力少なくしているとくれば、続けていく上でちょっと大きなモチベーションになりますね。

レバンテさんに聞いてわかったママニックが安心できるポイント

さらに、わたしは発売元のレバンテさんに思っていたギモンを直接電話で聞いてみることに!

根掘り葉掘り聞くつもりだったのでちょっと悪いなぁ…と思ったのですが、応対してもらった女性のかたもいろいろと教えてくれて気づけば1時間ほど長電話してしまいました。。ありがとうございます!

リニューアルも寄せられた意見や感想にもとづいて内容や配合量を変更している。

ママニックパッケージの裏面

ママニックが妊婦さんはじめユーザーからの目線を大事にして作っていることは、さきほども書きましたが、新しくなったママニックでもその意見が反映されているそうです。

配合量については、厚生労働省の定める栄養機能食品に記載されている下限~上限の範囲で配合していて、もちろん日常の平均的な食事量と合わせて上限を超えないように配慮しているそうですが、利用者の意見から寄せられた内容を参考にして、 ビタミンB2を新しく配合したり、鉄の配合量を多くしたのだそうです。

脂溶性ビタミンは過剰摂取の危険性から、リニューアルですべて配合を控えたそう

さらにもうひとつ、わたしも気づいていなかったのですが、もともとママニックにはビタミンD,E,Kの3種類が微量入っていたのですが、今回のリニューアルを機会に配合を控えたそうです。

もともと、必要な成分を必要なだけというコンセプトで商品を開発したけど、購入したお客様の声が集まってきた中で、やはり脂溶性ビタミンについては、過剰摂取や心配な成分として声が多く、妊婦さんたちの正確な食事量がわからない限り、なるべく配合は控えることにしたそうです。同じ理由で、ヨウ素やβカロチンも配合を控えたとか。

普通なら栄養成分は、できるだけ増やしたほうが見栄えは良さそうですが、プレママさん~ママさんという微妙な時期だからこそ、少しでも危険がある成分は配合量は控えるという目線に私は少し感動してしまいました^^;

配合野菜は「体を温めるための野菜」で全て国産、産地までも教えてくれた

ママニックの栄養成分とともに配合されている8種類の野菜。正直おまけみたいなもの?と思っていたら大間違い。妊婦さんのアンケートより不足しがちで、摂りたい野菜をヒアリング。

体を温める効果のある野菜だけにして、原料の産地も国産のみの野菜に限定しているそうです。ご丁寧に後日各野菜の産地をお送り頂いたので掲載させていただきます。

大麦若葉九州・広島県
ケール九州・広島県
さつまいも(アヤムラサキ)宮崎県・鹿児島県
ほうれん草九州
南瓜北海道
人参北海道
桑の葉島根県
大葉新潟県・青森県・静岡県

粒のサイズは、栄養成分と飲み続けられるバランスで大きさを決定している

直径9mmの粒の大きさも、できるだけ妊婦さんが求める栄養素と、飲み続けられる大きさのバランスを考えて作った結果だとか。

栄養素をたくさん入れるほど、粒の劣化や崩れが起きてきて、かといって大きすぎる粒にしてしまうと今度は飲みやすくないということもあり、ギリギリまで調整してこの配合成分量になったのだそうです。

こうしてみると、ママニックは、妊婦さんというセンシティブな時期にものすごく気をつかっているなと妙に関心してしまいました。

他の購入者のママニックの口コミは??

と、ここまではママニックに対するワタシの感想。では、他の購入者の方はどんな感想を持っているのか調べてみることにしました。

調べてみたのは、おそらく実際に購入された方が書き込んでいると思われる楽天とAmazonにあるクチコミ・レビューです。

まずは良かったと見える口コミから。

◆粒も大きくなくサプリにしては薄いので、私は4粒一気に飲んでいます。苦手な方でも2個ずつ簡単に飲めると思います。

◆噂のべ●タと飲み比べてみましたが、こちらの方が圧倒的に飲みやすいです。効果についてはサプリのため、効果の実感をすることはなかったですが匂いも少なくつわり中でも割と飲みやすいです。(匂いはゼロでは無いですがもう一つの商品のものより匂いも少なめ)

◆たしかに口に入れた瞬間、鉄の味がするかも。。でもすぐ飲み込むんだし私は全然気になりませんでした。錠剤も小さいのでパパッと飲めちゃいます!なぜか葉酸を摂取してるってだけで安心感があります(笑)

◆早産でしたが、無事に出産しました。双子ちゃんは本当に偶然だと思いますが、妊娠に必要な栄養素等の効果はあったと信じたいです。

◆鉄分が少ないわけではないのですが、疲れると立ちくらみが起こった私ですがそれまったくなくなりました。生理の周期もしっかり安定し、レバーのような固まりがでることも少なくなりました。以前は、生理前からチョロチョロと出血があったのですが、それがぴたっと止まりました。

口コミを見た中で全体の7~8割くらいの方は、おおむね好感触な感じの内容でした。

とくに目立った口コミを抜粋してみましたが、実際に双子ちゃんを産んだ方、うらやましぃ…(^^;。

具体的な効果は飲み続けてみないとわからないとこですが、飲みやすさについては、だいたいワタシと似たような感じの内容でちょっと安心しました(^^。それほどクセのあるサプリではないことがおわかり頂けると思います。

ただ、良い口コミばかりではなく、悪い評価だなぁと思う口コミも15件ほど存在しました。これも目立つ内容を挙げてみると…

◆味は口に入れてる時は大丈夫なのですが、飲み込んだ瞬間、鉄のような味を結構強く感じます。今はまだつわりもないので鉄のような味も問題なく飲めてますが、もしつわりがひどかったら飲めなくなるかもしれないな…といった感じです。でもできる限り続けたいと思います。

◆粒が大きいのか、飲んだら吐いてしまう。我慢して飲むようにしたが、無理でした。

◆ネットでいろいろ調べた結果この葉酸サプリにしようと決めました。他の方も書いてあるように後味が鉄剤の味がします。多めの水で飲むと少しは軽減しますが人によってはダメな方もいるのではないかと思います。

◆1粒は大きくないですが、ニオイが気になります。今つわり中なので、特に飲むのがきつい…配合されている成分は良さそうだし、無添加だから安心なんですが…
ニオイがもっとなかったらなーって思います。

ああ、味とニオイについては、全体の割合からは少なめですが、やはり気になる方はいるようです。全く無味無臭とは確かにいえないですし、この問題は正直、その人の味覚や嗅覚によって評価が変わってくるのかなぁと言わざるをえません。。

ただ、新しくなったママニックは、以前に比べて明らかに鉄臭さは少なくなっていますし、飲み込んだときの匂いもそこまで強くないと、両方飲んだワタシの経験上思います。

悪い口コミのほとんどはこの味とニオイに関することで、商品の信頼性とか、成分についての指摘は特に見つけることはできませんでした。

口に合わない理由でも遠慮なく返金できる全額返金保証制度

味やニオイは大丈夫とは言い切れないですし、飲み続けられるか不安だなぁ…と考えている方は全額返金保証制度を使ってみたほうがよいかもしれません。

ママニックの返金保証の説明パンフレット

葉酸サプリメントでは数少ないママニックの返金保証制度。レバンテさんにも電話で聞いてみましたが、毎日続けていけるのかお試し的に使ってもらう目的で作ったとのこと。

中には、つわりがひどかったりして普通ではなんともない匂いでも、敏感になって飲めなくなってしまうということが実際にあるそうで…。まさに口コミにあるような感想が実際に寄せられているそうです。

続けてもらわなければあまり意味が無いサプリメントであるので、まず味や感覚などが違和感のないものか試してもらってよければ続けてもらいたいということでした。

15日間というと一見短いようにも見えますが、味やニオイの確認ということであれば、十分な期間といえるのかなと思います。(クーリングオフとかは7日間ですし)

ちなみに実際に返金にあたっては、厳しいルールなど設けておらず、ボトルだけ指定の返送先に送ってもらえれば手続きできるということでした。

>ママニックの返金保証制度の手続きは面倒くさくない

ママニックをオススメできるヒト、出来ないヒトは?

ママニックのパッケージ

最後にまとめてみると、ママニックは、今の栄養状態でマイナスになっている部分を正常に持っていく役割であって、必ずしもプラスばかり追求するサプリメントではないということです。

実際に、レバントの担当者さんもこのように言っていました。

ママニックは「今妊活中の方から妊婦さんまで、日常生活で不足しがちな栄養素を補う」という開発コンセプトなので、これだけで栄養補給をすましてしまう使い方はおすすめはしません。

なので、これだけ飲んでいれば葉酸のみならず栄養素が全部摂れる!というわけではありませんので注意してくださいね。

実際、ママニックの公開されている成分の配合量で妊婦さんが必要な栄養がどれくらいカバーできているのか、厚生労働省が発行している日本人の食事基準中にある栄養素別の妊婦さんの推奨摂取量と比較をしてみました。

成分名ママニック配合量妊婦目安量or推奨量での
カバー率(※)
葉酸400μg88%
ビタミンB11.1mg85%
ビタミンB21.4mg93%
ビタミンB61.1mg79%
ビタミンB122.1μg75%
ビタミンC36mg33%
ビタミンD5.3μg76%
パントテン酸6mg150%
ビオチン28μg56%
カルシウム250mg38%
15mg115%(妊娠初期)
58%(妊娠中~後期)
亜鉛2.3mg23%
0.6mg63%
日本人の食事摂取基準(2015年版)報告書データの数値を引用して計算しました

主な成分と照らしあわせてみましたが、確かにママニックだけで必要量をカバーできるわけではありません。

ただし、サプリメントだけしか栄養を摂らないって、日常ではありえないことですよね。ここに日々の食事をプラスしていくと、ちょうどいい量になるような数値になっているような感じがします。

>妊婦さんの推奨摂取量に対してママニックはどれだけカバーできる?

以上のことから、ママニックをオススメできる人、逆にオススメできない人についてまとめてみると…

ママニックをオススメできる人

妊活中から栄養バランスについて心配している人
葉酸自体、一番必要されているのが妊娠初期(3~4週目辺り)。この時期に摂取しておくと神経管閉鎖障害の発生リスクを低くすることができるそうです。ただ、時期の関係上妊娠に気づくときはもう過ぎていた…ということも十分考えられますね。なので、妊活中から飲み続けておいて、いつ来るかもしれない妊娠に備えることを考えている人にオススメできると思います。
毎日の食事で栄養ちょっと足りてないなぁ…と思う人
例えばフルタイムで働いていて、食事が不規則だったり、十分に栄養のことまで考えられなかったり、心配になっている方にはオススメだと思います。不足しがちな成分にターゲットを絞って配合されているので、食事と合わせてママニックで補強すれば心強い味方になるでしょう。
授乳までの栄養バランスを考えたい方
妊娠中は普通の時よりも多くの栄養素を必要とします。 ママニックだけで全ての栄養が補えるわけではありませんが、普段の食事と合わせると、結果としてかなりいいバランスで栄養が摂れるのでは?と思います。

ママニックをオススメできない人

日々の食事について栄養コントロールができている人
自分でも納得するくらい、きちんと食事がとれていたり、栄養バランスを考えて食事を作れている人にはあまりオススメできません。ママニックは、あくまでも足りていない栄養素を葉酸と一緒に摂りたい人向けなので、十分足りている人が飲んでも結局その栄養素はムダになってしまうのではないかと思います。
葉酸だけを摂りたいと考えている人
他の栄養素は置いておいて、とりあえず葉酸だけを飲みたいという人にもオススメはできません。モノグルタミン酸型の葉酸だけが入っているサプリメントもドラッグストアなどで格安で販売されています。ママニックはあくまでも他の足りていない栄養素もカバーする目的があるので、葉酸だけのサプリメントだけ見ると割高になってしまいますね。

また、現在不妊治療でお医者さんの診察を受けている場合は、ママニックを飲んでもいいか、軽く確認してみたほうがいいと思います。

現在治療している内容やお医者さんそれぞれの見解によって違うのですが、葉酸以外の栄養素を摂っていると検査の数値が変わってしまったりすることがあるようです。

私も治療しているので、一度確認してみたところ、特に問題ないと言われましたが、口コミでは、葉酸だけが入っているシンプルなサプリメントにしたほうがいいと言われる場合があったそうです。

もちろん、これはママニックに限らず、ベルタ葉酸はじめ、他の栄養素が入っているマルチサプリ全般にいえることですので、気になる方は一度チェックしてもらったほうがいいかも…。

いずれにせよ、極端ではなく、ちょうどいい栄養をちょうど良く摂れるサプリとしてママニックは、葉酸サプリを選ぶ中での候補として十分オススメできると思いますよ!

ワタシのPROFILE

某西日本の街に住む、結婚3年目でそろそろ赤ちゃんが欲しいな~と思って妊活始めて1年くらいになる、フォーにも近いアラサー女子です。フルで働いているけど、やっぱり専業主婦でじっくり妊活したほうがいいのかなぁと思う今日このごろ。。読書や詩を書くことが大好きだし、調べ物もとことんまでやらないと気がすまないタイプです!