ママニックに合成葉酸が配合されている理由

ママニックの葉酸説明

葉酸サプリメントは、どれも同じというわけではなく、実は天然葉酸を使っているものと合成葉酸を使っているものがあります。 それぞれ型が異なり、天然葉酸は食品などに含まれているプテロイルポリグルタミン酸型で、合成葉酸の方は化学的に合成されているモノグルタミン酸型(プテロイルモノグルタミン酸)です。

天然由来と言われた方が体に良さそうなイメージがありますが、実は厚生労働省が勧めているのは合成葉酸のモノグルタミン酸型!

実際に調べてみるまで、私も漠然と天然の方が良いんだと思っていました…(^^; なぜモノグルタミン酸型の方が良いのか、それぞれの違いを調べてみました。

天然葉酸と合成葉酸は体への吸収率が倍違う

葉酸はもともと、野菜や柑橘類に多く含まれている成分です。でも、食品に含まれる葉酸は熱に弱いため、調理で失われやすく、さらに体内に入ってからも消化などの影響を受けて実際に吸収される量が低いのだとか。

それに対して、化学合成で作られたモノグルタミン酸型の合成葉酸は、しっかり体に栄養を届けられる形になっています。 簡単にまとめてみると…

食品に含まれる天然葉酸

プテロイルモノグルタミン酸型。摂った量の50%しか吸収されず、体内で有効に利用されません。つまり推奨量の400ugを摂ろうと思えば800ug分の天然葉酸を摂らなければなりません。

化学合成で作られる合成葉酸

モノグルタミン酸型。摂った量の85%が体内できちんと活用され、生体利用率が高い点が特徴です。

なるほど、食品からの葉酸は摂っても利用される量が少なくなってしまうということですね。 厚生労働省の資料にも、栄養補助食品を勧める文章がありました。

少し長いですが引用すると、

「食品中の葉酸についても理論的には効果があると推定されるが、現時点では証拠が得られていないこと、諸外国がいわゆる栄養補助食品を利用している状況なども考慮し、日本でも既に販売されているいわゆる栄養補助食品の活用についても説明する必要がある」

だそうです。 実はモノグルタミン産型葉酸はすでに海外のサプリでは当たり前のように配合されていて、安全性や効果が実証されています。たくさんの人がすでに試しているなら安心! 妊活中に効率よく葉酸を補いたい時は、モノグルタミン酸型の葉酸を選んだ方がいいでしょう。

日本の葉酸サプリにどちらが配合されているかチェック!

でも、葉酸サプリを調べていると、なかにはどどんと“天然由来”を強く推しているものも見かけます。確かに自然なものって安心感はあるんだけど、でも厚生労働省は栄養補助食品の利用を勧めているわけで。。 そこで、個人的に気になった葉酸サプリに、どんな葉酸が使われているかまとめてみました。

モノグルタミン酸型を利用している葉酸サプリ

  • ママニック 葉酸サプリ:厚生労働省推奨モノグルタミン酸型葉酸
  • 葉酸ベルタ葉酸サプリ:合成葉酸をさらに天然酵母で発酵させた天然型酵母葉酸100%
  • AFC 女性100人の声から生まれた葉酸サプリ:厚生労働省推奨モノグルタミン酸型葉酸
  • ララリパブリック:厚生労働省推奨モノグルタミン酸型葉酸

天然由来を利用している葉酸サプリ

  • 美的ヌーボ プレミアム:食品から抽出した葉酸
  • オーガニックレーベルの葉酸:食べ物から作った100%無添加葉酸
  • はぐくみ葉酸:レモンから搾った葉酸

このような結果になりました。 厚生労働省がモノグルタミン酸型葉酸を推奨しているので、てっきりほとんどがモノグルタミン酸型だろうと思っていたのですが、けっこう天然由来のものもあるんですね。 しっかり妊活するなら、きちんと効果が実証されているモノグルタミン酸型を利用するべきでは?と思うのですが、やはり天然じゃないと不安…という方も多いということなのでしょうか。。

でも、せっかく摂っても利用されずに無駄になるってイヤだし、自然のものがいいからってたくさん飲まないといけないのもイヤだし。ということで私はモノグルタミン酸型を選びたいと思います!

ワタシのPROFILE

某西日本の街に住む、結婚3年目でそろそろ赤ちゃんが欲しいな~と思って妊活始めて1年くらいになる、フォーにも近いアラサー女子です。フルで働いているけど、やっぱり専業主婦でじっくり妊活したほうがいいのかなぁと思う今日このごろ。。読書や詩を書くことが大好きだし、調べ物もとことんまでやらないと気がすまないタイプです!