ママニックの返金保証制度の手続きは面倒くさくない

ママニックの返金保証制度の説明用紙

ママニックは葉酸サプリ業界(?)では珍しく、15日返金保証制度というものがあります。他のアイテムでははぐくみ葉酸が同等の返金保証制度を用意していますが、期間は1週間、ちょっと短めですよね。他の葉酸サプリでは、はぐくみ葉酸以外に見つけることができませんでした。

15日返金保証制度というのは、一般的な通販商品にはある未使用での数日内の返品や交換制度とは別に、例え開封して、実際に粒を飲んだとしても、商品が気に入らなかったら、15日以内に連絡すれば商品代金が返金されるというシステムです。

ママニックの発売元であるレバンテさんにこのシステムを何で作ったのか軽く聞いてみたところ、長く続ける必要があるアイテムだから、とにかくサプリ粒がきちんと飲み続けられるかどうか試してもらいたい、特に妊娠初期に多いつわりなどの時はいつもより味や匂いに敏感になりがちなので、1日4粒飲めるのかどうかは試してみないとわからないからぜひ気軽に利用して欲しいということでした。

つわりの時はなんでもない食べ物も喉を通らない…ということは先輩ママからよく聞きます。ママニックの粒自体、匂いや大きさはそれほど大したこともないのですが、ことつわりの時というと、例えわずかでも飲み込めない…ということが起こりうるかもしれません。

その辺りを配慮してくれるレバンテさんの姿勢には好感が持てますね。

15日返金保証制度はどんな手続きなのか?

では、実際にこの制度を利用するときはどんな手続きをしなければならないのでしょうか?やはり「返金制度」とあって利用するにはハードルが高かったり、面倒くさい手続きがあったりすると興ざめになってしまいますよね…。

ママニックには初めて届くアイテムのお買い上げ明細書の裏面にこの返品制度の詳細が書かれています。ちょっと内容をご紹介しますね。

15日の期間は商品が到着してからスタート

まず、15日という期間はどこからスタートするのかについて。これは商品が届け先に到着した日から15日間とカウントされるそうです。「当たり前では?」と思うかもしれませんが、中には、「商品を発送してから」が基準になる通販もあったりするのです!

そうなると、発送にかかる時間を差し引いて、2~3日マイナスになってしまい、試せる時間が少なくなってしまうことがあるわけです。その心配がないママニックは良心的ともいえます。この制度を利用できるのは、初回のみ、家族あたり一回だけで、公式サイトからの注文に限られるということです。楽天市場、Amazonから注文したママニックには適用されないのでご注意を。

利用するときは電話連絡をして、ボトルと返金先を送るだけ

返品するときには、まず最初に返金受付窓口というところに電話連絡する必要があります。フリーダイヤルなので、通話料の心配はいりませんが、平日のみ9:00~17:30の間なので、時間には気をつけたほうがいいかも。 連絡した後にはもう一手間。

連絡した後にはもう一手間。

  • ママニックのボトル
  • 自分の名前や連絡先、返金先の銀行口座などを書いた紙(フォーマットはとくになし)

この2点を指定の返送先に返送して手続きは完了です。 あとは2週間ほど待ったら指定の口座に商品代金が振り込まれるそうです。

返送の際の送料と、振込手数料は差引きの負担になるので、とはいきませんが、返送の際は必ずしも宅急便である必要はなく、ボトルが入る普通の封筒に送ってもらってもOKということだったので、できるだけ少なくすることはできますね。

総合的に簡単に利用できて便利な印象

このママニックの返金制度の流れを見て、私は、すごく簡単で使いやすいなと率直に思いました。 返送という一手間はいるものの、やはり使ったことを証明するには一番の方法だと思いますし、なにより、他のコスメ、ケアアイテムにも似たような返金保証制度と比べると、かなり条件がゆるいなと思ったからです。 商品名を出すことは控えますが、今まで遭遇した返金保証制度にあった厳しい条件をご紹介すると…

  • 商品の本体と一緒に商品の納品書やダンボールの返送が必要(もう捨てちゃったのに…)
  • 商品代金から事務手数料(1000円!)差し引き(じゃないよ…)
  • 指定の返金制度利用書に長々と書き記す必要(面倒くさい…)

これらと比べると、ママニックの返金制度はかなり利用のハードルが低いと思います。使ってみなければわからない、でも返金制度って難しいそう…とお考えの方には、名前負けしておらず、安心して利用できるサービスだと思いますよ!

ワタシのPROFILE

某西日本の街に住む、結婚3年目でそろそろ赤ちゃんが欲しいな~と思って妊活始めて1年くらいになる、フォーにも近いアラサー女子です。フルで働いているけど、やっぱり専業主婦でじっくり妊活したほうがいいのかなぁと思う今日このごろ。。読書や詩を書くことが大好きだし、調べ物もとことんまでやらないと気がすまないタイプです!